木の健康を保つため|自慢の庭になる秘伝の技|芝生のお手入れはこまめに行なおう
婦人

自慢の庭になる秘伝の技|芝生のお手入れはこまめに行なおう

木の健康を保つため

チェーンソー

草木の健康を保つためには、日頃の手入れをしっかり行なうことが大事です。そのために行なわれる作業の一つとして、間伐というものがあります。間伐は、密集して生えている木の中からいくつかカットして成長しやすい環境を作るための作業です。木はあまりにも密集するとお互いの成長を妨げてしまい、元気に育つことができなくなってしまいます。その結果、枯れてしまう木が多くなるのです。木々の健康をきちんと保つためには、間伐をして伸び伸びと成長できるようなスペースを確保してあげることが肝心といえます。木を切り倒すというと、あまり良くないイメージを抱く人も多いでしょう。しかし。間伐は木にとってとても大切な作業となるのです。

間伐を行なうことで木だけなく、周辺の環境も良くすることができます。間伐をすることで、木と木の間にスペースが空きますので風通しが非常に良くなります。夏場などは特に、気温が高いため暑い中過ごさなければならなくなります。しかし、間伐をしておくと、風の通り道を遮断することがありませんので、涼しい風を運ぶことができるのです。暑さの厳しい夏でも快適な環境で過ごすことができますので、ぜひ間伐を行なっておくといいでしょう。一言で間伐といっても、様々な種類が存在します。主な種類は、下層間伐、上層間伐、優勢木間伐、自由間伐、機械的間伐などといったものです。種類によって作業の仕方が変わってきますので、それぞれの特徴をきちんと理解しておくといいでしょう。